校正お願い致します。

魂の一品
オンエア日:2018_3_2
料理:初鰹の炭たたき 行者にんにく風味
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日の魂の一品は
3月に突入ということで、春らしい一品を紹介します。

江戸時代から待ちに待っている、この時期がやってきました!
本日は旬の初鰹を使った一品です!

鰹の皮目に塩をふったら、長町へそのをでは炭火を使って炙ります。

普段なら炙った後冷やすのですが、

今回は鰹は 冷やさずに
あらかじめ作り置きしている
行者にんにくを漬けこんだ醤油ベースの特製ダレに漬けこみます。

なんと丸2日漬け込んでしまいます!

じっくりしっかり味のしみた
長町へそのを特性の鰹たたきの完成です!

行者にんにくは普通のにんにくよりも
風味がやわらかく、炭火の香りも感じられ
初鰹は脂が少なめなので、
さっぱりと仕上がりとても食べやすいですよ!

最初はそのまま、行者にんにくの香りを楽しんでいただきますが

2口目は
料理長三黒(ミクロ)のおすすめの
練りがらしをつけてみて下さい。
独特の辛さがアクセントになりとても美味しいんです!

日本酒にもぴったりでグイグイすすんじゃいます!

長町へそのをからお送りする、ちょっと早い春の味をぜひお楽しみください