オンエア日:2018_12_7
店舗:花京院
料理:寒ぶりのしゃぶしゃぶせり鍋

今年も残りわずか、冬本番となりましまね。
冬!と言えばお鍋が定番ですね。

本日は宮城の鍋としてすっかり定番になったせり鍋です!
宮城県産のセリはシャキシャキしてクセになりますよね!

ただしこれだけでは魂の一品として物足りないので
セリ鍋と一緒に寒ぶりのしゃぶしゃぶも楽しんで
いただくと言う、料理長ミクロの新しい一品をご用意しました。

はじめに昆布ダシを作ります。
昆布は沸騰する前(80度位)で火を弱め、30分間煮出します。
沸かしすぎるとくさみが出るので、絶妙な火加減が重要です!

沸騰したら差し水をし、かつおぶしを投入。
あくをしっかり取り、出汁をこして醤油などで味を整えます。

普通のしゃぶしゃぶですとこの出汁のみですが、
今回は、せりの根っこ、きのこ、豆腐をあらかじめ投入して火にかけます。

いい塩梅に火が通ったら

寒ぶりをしゃぶしゃぶします!
脂ののった味の強い寒ぶりは刺身でも食べられるので、軽く火を通す程度がおすすめ!
ぽん酢でいただくのも良し!
他の具材と一緒にお鍋としていただくのも良しです!

更にセリの葉の部分もしゃぶしゃぶします!
しゃぶしゃぶする時間で
シャキシャキ派、しっとり派とお好みで調節してください!

一つのお鍋でいろいろな食べ方を楽しめるので、大人数で食べるのにおすすめです!

もちろんお酒にもぴったり!
新酒の宮寒梅(みやかんばい)です。
すっきり飲みやすく、お料理にも合いますよ。

冬ならではの旬の味をぜひ花京院へそのをで!

セリ鍋のブリしゃぶ